2010年04月27日

無念

引き続き出張中です。

ラスベガスの展示会のお手伝いを済ませ、昨日はラスベガスから
ロサンジェルスに飛行機で移動しました。
アメリカ国内はセキュリティチェックが厳しいため、最近は国内線でも

1.5〜2時間前のチェックインが推奨されています。
11時過ぎのフライトを予約していたので9時30分頃空港に到着。
チェックインを済ませゲートに向かうと、飛行機の到着が遅れている
とのこと。
11時過ぎのフライトは、結局、13時30分に飛び立ったのでした。


何もすることがなくゲートで待つってツライ。
ロサンジェルスでは、思ったよりも早くスーツケースが出てきました。

でも、よく見ると、スーツケースベルトがない、、、
確かつけたはずなのに、、何故?

アメリカでは同時多発テロ後、爆破物および危険物検査のためにアメリカ国内すべての空港で、アメリカへの出入国とアメリカ国内のフライトに際して、厳重なセキュリティチェックが行われています。特に空港で預けてしまう荷物に関しては、持ち主が立ち会えない場所でTSAの職員によってバッグやスーツケースを開けての念入りな検査が密かに行われているのです。
私のスーツケースも抜き打ち検査をされたようです。
それは、それで納得しますけどTSAロック付ベルト、破壊されていました。

もうやだ〜(悲しい顔)どういうことやねん、、、
開けられる鍵をつけているんだから、破壊せずに開けてくれたらよかったのに、、、

悲しいキモチになりました。

TSA.JPG











「三粧化研(化粧品メーカー)の社員ブログサイト」
CT-Village


「三粧化研ホームページ」
http://www.sanshokaken.co.jp/



posted by sansho花子 at 01:30| 大阪 | Comment(0) | 編集娯記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。