2011年01月31日

更新情報・SERVICE

さおりんのブログ一富士二鷹三茄子と句にあるようにめでたい富士山の画像を
皮切りに可憐な「シモバシラ」に関して綴ってくれました。

シモバシラって、そうなん?知らんかったーー♪ てなことばかり。
冬山に行かない人も、さおりんブログSERVICEを読んで、冬の植物を愛でてくださいませ。

それにしても今朝は寒かったダッシュ(走り出すさま)
御影山手に住む弊社の社員は、
「誰か知らんが、道に水を撒いたみたいで坂が凍ってた、迷惑千万、あぶねーー」と、
言っていましたっけ。

そりゃ、危ないわ、、

ところで、年末からのブログネタを手元に温めっぱなしで、
なかなかアップしていないのですが、とりあえず先週の食べ物話をひとつ。

会社帰りに毎度お世話になっているgureさん宅で、晩御飯をごちそうになりました。
メニューは、「ぼたん鍋」 。

ぼたん鍋とは、丹波独特の冷え込みが厳しくなってくるころ、
篠山の名物としてお目見えします。そう、猪肉の鍋料理です。
お肉を牡丹の花のように盛り付けることにちなんで「ぼたん鍋」と名付けられましたとさ。

猪肉の他に、白菜、春菊、シイタケ、長ネギ、ささがきごぼう、にんじん、
レタスも入れてみました。そして、お豆腐、これらを薄味のみそ味出汁でいただきます。
猪肉はいかつい見かけほど堅くなく、かといってにゃらにゃらではなくしっかりしたお肉です。
いただくにつれ、肉のうまみが溶け出し、出汁がいい感じにこってりさらに風味が増してきたら、
最後のシメでおうどんを どーん!

ありがとう、猪。おかげでココロ豊かに、体ほかほかになりました。

丹波篠山は、風光明媚な城下町です。京文化が色濃く残り、また、おいしい農作物が
ふんだんにあり、こじんまりとしているけれど豊かなところです。
数ある鯖街道の終点ということもあり鯖寿司も美味しいし、
近くには温泉もあるし、ぼたん鍋から急に丹波篠山を思い出してしまった。
うぉー、黒豆パン、黒豆アイス、鯖寿司、猪カレー、食べたい!

なんだか篠山の宣伝のようになってしまいましたが、
お近くにお住まいの方、是非、遊びにいってくださいませ。
篠山市のページは次項有次項有こちらから

shishinabe.jpg
ぼたん鍋


「三粧化研(化粧品メーカー)の社員ブログサイト」
CT-Village

「SERVICE」

「三粧化研ホームページ」
http://www.sanshokaken.co.jp/



posted by sansho花子 at 16:05| 大阪 ☀| Comment(0) | サイト更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。