2010年02月03日

三層な恋(3)

鏡に向いメイクを始める。逸る気持ちを抑えるようていねいに。
いつもは面倒でしないアイラインなんかも今日は引いてみながら、一本のシャーペンに目をやった。
そう、この一週間、気が付けば彼の事を考えてた・・・

昨日も「最近いい事あった?」同僚のユリに言われたっけ。
ユリは明るく前向きな女性で私のよき相談相手でもある。
彼女とお互いに励まし合いながらなんとか今の会社で働き続けている。
世間からは、女一人お気楽で勝手気ままな生活と思われがちだが、なかなかこれでも大変な毎日なのだ。
仕事も恋も年齢を重ねるにしたがい気楽にはいかないものなのだと最近特に実感している。

「何で?別になにもないよ。」とっさに答えたがユリはまるで信じてない様子。ニコニコしながら私を見つめている。
あともう少し自分だけでこの気持ちを感じていたい・・・そんな不思議な感覚だった。

たった一度会っただけ、それも言葉さえ交わしてない人。
「名前は?何をしている人だろう?」どんどん彼に興味が湧いてくる。
そんな自分に戸惑いながらも単調な日々の色付きを確かに感じていたのだった。

すっかり身支度を整え終え最後にあのシャーペンをバッグに入れた。
これは彼との唯一のつながりで自分にとってはお守りのようなものになっていた。

図書館が見える所まで来ると胸が高まるのと同時に不安もよぎる。
彼は来ているだろうか、、、話しかけたらどんな顔をするのだろうか、、、
私、変な女と思われないかしら、、、

受付の前を通り過ぎ、真っ先に閲覧室へ向った。
そして前回彼が座っていた席へ真っすぐ目を向けたのだった・・・
(つづく)

-------------------------------------------------------

今回は女性視点です。更新は女性!揺れ動くココロが・・・


posted by sansho花子 at 16:00| 大阪 ☀| Comment(0) | イマジンの森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

三層な恋(2)

大学をでて会社に入り半年。
仕事は思ったより楽しく(わからないことばかりだけど)あっという間の半年だった。

この半年は家と会社の往復で家に帰るのは夜の11時過ぎ・・・
最近は友達とも遊んでないし、彼女とも・・・・
あっ彼女いないんだ。

仕事仕事で忙しくあまり考える余裕なかったけど、
思いだすと少し凹むな・・・

そんな俺の週末は最近買ったバイクでツーリング。
と言っても、勉強するために図書館に行くだけだけど・・・
そんな、真面目な俺を神様は見放さなかったらしい。
図書館に素敵な出会いがあるとは考えてもいなかった。

毎週土曜日に図書館に行き出してもう何週目だろう?
面白いもので、顔ぶれがいつもと変わらない。
あーこの人も今週来てるやとか思いながらいつもどおり勉強していると、隣にはじめて見る女性を見かけた。
同い年か年下の感じがする女性で落ち着いてる感じがするから年上かも・・
(最近女性の年齢ってわかんないや)
目があったので癖で会釈をしたら、向こうも会釈してくれた。
まぁそこから、なんか話を切り出せるなら彼女はすでにいるだろう。当然会釈が終わった後は、自分の学習にもどったさ。
そうさ俺はまじめなのさ・・・涙

一通り学習も終え席を立ち帰ろうとしたときに、隣の席の彼女は本を読んだままだった。
また目があえば・・・って思ったんだけどね。

またあの彼女に会えればいいなーと思いながら、今週も図書館へバイクを向けたのだった・・・
(つづく)

-------------------------------------------------------------------
今回は男性視点です。もちろん、更新も男性。
posted by sansho花子 at 17:37| 大阪 ☁| Comment(0) | イマジンの森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

三層な恋(1)

駅から会社までの道のり。
毎日いいことないかなって考えている。
ただ考えるだけでいいことなんておきるわけがないのに。
彼氏と別れてもう4年が経つ。
家と会社の往復の日々にはもう飽きた。ベリーダンスや
ヨガももういい。

いいなと思う人は結婚しているか彼女持ち。
彼女のいる人を奪いとったら今度は自分がとられる番だし。
しかも私の会社はオフィス街とはほど遠く、商店街をくぐり
ぬけ寒々とした道路沿いを20分ほど歩き続けたところに
ポツンとある。色恋沙汰を期待するのが間違いだ。
って思っていた2日前までは。

2日前の土曜日に図書館へ行ったときのことだった。
人気の新刊本のキャンセル待ちをしていたところ、その本が
戻ってきたと図書館から電話をもらったのだ。
本を受け取り、久しぶりに閲覧室に行くことにした。
たまたま座った隣の席には高校生か大学生かわからない男性が
勉強をしている様子。
何気なしに横顔を見ていたときに、ふとその男性が頭をあげ
こちらを見たので目が合ってしまった。
思ったより若い。高校生かもしれない。
彼はこちらを見て軽く会釈をしてきたのでこちらも同じように
返してみた。派手さのない好青年だ。

私は隣に座ったまま、新刊を読み始めた。
半分ほど読んだところで隣の好青年が席を立って去っていった。
隣の席を覗いてみると、シャープペンシルが残されている。
忘れ物?急いで振り向き好青年を探したが見つからず、
どうしてかわからないが彼にもう一度会いたくなった私は
そのシャープペンシルを拾いあげ、来週同じ時間に来てみること
にした。
(つづく)
posted by sansho花子 at 08:47| 大阪 ☀| Comment(0) | イマジンの森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

イマジンの森(社員リレー小説)とは?

はじめまして。
チーム「イマジンの森」です。

「イマジンの森」とは?

とある飲み会にて発足し、社員同士でつないでいく恋愛妄想話をつくる会「イマジンの森」です。人数は大まかに8〜9人くらいでしょうか・・・
ある社員が最初の話を作り、その続きの話を次の社員が作るというように話がどんどん広がっていきます。打ち合わせは一切ありません。家で書いてどんどんブログにアップして行こうひらめきといった感じでスタートさせてます。

見どころは、結末はもとより登場人物も何も誰にもわからないということ。決まっているのは恋愛小説にしよう!ということだけです。

バトンタッチを受けた人がひたすら妄想して話を作るのです。 読む方も「誰がこの内容を書いたの?」と妄想して読んでいただけるとうれしいです。

これからもよろしくお願いします。
posted by sansho花子 at 13:42| 大阪 ☀| Comment(0) | イマジンの森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。